Twitterをメモ代わりに使っています。

Webを見ていて気になった記事があれば、そのとき感じたことをコメントとして付けてTwitterでつぶやくという感じ。

でも、検索や管理が面倒なので、ちょっと何とかしたいなあと思うようになりました。
例えば、自分のTweetだけを対象にキーワード検索とか、簡単にやりたいなと。

いろいろデータを突っ込んで、検索できるようにするのなら、Evernoteというサービスかなということで、TwitterとEvernoteを連携させる方法を調べました。

Evernoteは、テキスト、音声、写真、Webページなど何でも保存して、PCやスマートフォンなどどこからでもアクセスでき、タイトルやタグや写真内の文字を使って検索できるサービスです。

すべてを記憶する | Evernote Corporation

連携させる方法は、ちょっと調べるだけでもいろいろと出てきて、どういうことがやりたいかをまず決めておかないと選べないですね。

自分がやりたいことをちゃんと整理してから、どの方法にするかを決めようと思います。
とりあえず、調べた方法は以下にリストにしておきます。


Twitterで「@myEN」をフォローして、EvernoteとTwitterの両アカウントを連携させる。
「@myEN」をツイートの中に入れると、そのツイートをEvernoteに保存できる。

twtr2srcというサービスを利用。
Twitterの一日ごとのログをまとめて自動的にEvernoteに保存。
Evernoteへのメール投稿と、認証してEvernoteへ直接投稿する方法の2種類を選べる。

Twitter、Tumblr(画像やリンク)、Flickr(写真)、Delicious(オンラインブックマーク)、ブログなどをメール形式に変換して、自動的にEvernoteに保存する方法。

twieve(ツイエバ)という、一日一回、ツイッターのつぶやき、DM、RT、ふぁぼを「いい感じ」な見た目にしてEvernoteに保存してくれるサービスを利用。

Googleリーダーの共有やTwitterのスター、はてなブックマークなどで記録した情報をEvernoteに自動保存する方法。
各サービスのRSSフィードをMAILPIAというサービスで取得してEvernoteに自動保存する。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ