コーヒー豆が古くなる前に飲みきらないとな、と思いました。

でも、普通にコーヒーを飲むばっかりもつまらないかなと。

で、簡単に作れるのはコーヒーゼリーだよねといういうことで。

まあ作り方は簡単で。
  • 普通にコーヒーを淹れる。
  • コーヒーが冷める前に、ゼラチンか寒天を入れて溶かす。
  • 冷蔵庫で冷やす。

今回は子供も食べられるように、冷やして固める前にシロップを入れて、甘めにすることにしました。

固めるためには、だいたいゼラチンか寒天を使うかと思いますが、今回は家にあったこれを使いました。


ついでに、ゼラチンと寒天の違いを少し調べてみました。

要するに、以下のような感じらしいです。
  • ゼラチンは動物性のコラーゲンが原料。寒天は植物性でテングサやオゴノリなどの海藻が原料。
  • ゼラチンは溶ける温度が低く、口の中で溶ける。寒天は溶けない。寒天は添加物が少なく、食物繊維が多い。
ゼリーにはどちらかというとゼラチンのほうが相性が良さそうですが、まあいいかと。

で、作ったのがこれです。最初に寒天をスティック1本(2g)入れたら足りない感じがしたので、2本入れました。
画像 442

少し切り取ってホイップクリームをのせてみました。
画像 444

スーパーで買ってくるようなコーヒーゼリーよりも、豆から挽いたせいかコーヒーの香りはよいです。
食感はやっぱりゼラチンのほうがよかったかも。

シロップはけっこう入れたつもりですが、あまり甘くない。やっぱり冷やすと甘みは感じにくくなりますね。子供には苦いと言われてしまいました。

しかし、たくさん作りすぎた。。。

よく考えると、コーヒーとして飲むよりも食物繊維の分が増えるので、けっこうお腹にたまるし、コーヒー豆を飲みきろうという初めの目的からは逆効果だったような。。。

よく考える前に気づけよ、という気もしますが。
まあ作ってしまったので、2~3日くらいで食べます。

食物繊維も入ってるし、シロップを入れなければカロリー0だし、お腹もふくらむし、ダイエット用にはいいかもしれません。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ