3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)


ひなちゃんのイジメ問題はどうやらこの巻で解決したようです。

ひなちゃんの担任だった先生は心労で倒れて入院してしまいました。
学年主任の先生が代わりにクラスを担当することになりましたが、この先生は頼り甲斐がありますね。

逃げない、ひるまない、面倒な事を避けない、うやむやに済ませず徹底的にやる覚悟を見せる、といったあたりが大事なんでしょうね。
元担任の先生とは全く対照的です。

スーパーマンみたいな誰かが現れて問題が解決みたいな感じになっちゃってますが、これまでのひなちゃん、お姉ちゃん、おじいさん、主人公の桐山、などの頑張りがあったからこそなんでしょうね。

フィクションだからといえばそうなんですが、元担任の先生は学年主任に相談しとけばよかったのに、という気がしますね。
相談すると先生の管理能力が問われるとか、学年主任の方もイジメ問題に気がついていたとしても担当の先生を飛び越えて何かするわけにはいかないとか、そういう問題もあるのかなあと思ってしまいました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ