『きみのすべてを僕と揃えた』
『「却本作り」に貫かれた者は』
『すべてのすべてを封印される』
『きみはもう「正喰者」を使うことはできない』
『僕同様に』
『何をすることもできない』
すべてを揃えたんなら「大嘘憑き」が使えるようになってもいいような?

『化かし合いには随分自信があったみたいだけど』
『馬鹿し合いなら僕の方が』『一枚上手だったみたいだね。』
半袖ちゃんの「馬鹿にしやがって」を受けての「馬鹿し合い」ですが、別に半袖ちゃんの方は球磨川を馬鹿にはしてないけどね。

「安心大嘘憑き」ははったりだったようですね。
安心院さんにもらったスキルで既に「なかったことをなかったことにできる」ようになっていたと。
『大嘘憑き』はそれを合成したことで
「なかったこと」にした対象が三分で元に戻るスキルになったらしい
しかしそれって劣化大嘘憑きよりもさらに劣化してるのでは。
ケガを治しても三分でまたケガ状態になるってこと?
それとも都合よく、合成版と合成してない版を使い分けられるのかな。

しかし結局「なかったこと」を「なかったこと」にできるようにはなってないので、箱庭学園における不知火半袖の記憶は戻せない?
いや、後で半袖が大嘘憑きを作り替えたら大丈夫なのか?

一兆のスキルとか、スキルを作るスキルとか、スキルを作り替えるスキルとか、そろそろできないことがない状態になりそうで、話を作るのが大変そうな。

言彦が行った!!逃げろ!!
半袖に言ってるんでしょうけど、なんでですかね。
梟博士は半袖を影武者にするつもりなんてなかった、だから言彦が半袖に危害を加えるということ?
言彦には、半袖が影武者以外で里を出たらわかるようなセンサーでも付いてるのかな。


よろしければこちらもどうぞ。
ジャンプ2013-3号のめだかボックス感想


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ