鶴喰鴎(弟くん)と善吉の二人のツッコミキャラがいますが、今週は弟くんがツッコミ役、善吉が解説役になってますね。

「めだかちゃんが梟博士を殺した」というのをそういう解釈にしましたか。
私は博士に清廉潔白な理想的な人格者であることを強要した。
博士にとってそれは殺されるも同然――否
殺されるより辛いことだっただろうな
まあ納得できなくもないかな。

『僕がめだかちゃんと戦ったときと同じ状況を作った…』
『つまり言彦とめだかちゃんとの間には』
『めだかちゃんと僕くらいの力量差があるってことか…』
どちらかというと、言彦とめだかちゃんと力量差の方がかなり大きそうですけど。

あれ? 音が 遅れて 聞こえる――

!!
違う黒神!!スタイルの使い方はそうじゃない!!
単にリズムの取り方が違うということ?

スタイルは「共鳴し共振し共感する」んでしたっけ。
共感は既に出ましたね。音がズレるというのは共振かな?
とすると、「共鳴」が足りないということ?

最後、めだかちゃんが死んじゃいましたが、贄波生煮がショックを受けてるコマはありませんね。

しかし、そのうちめだかちゃんは生き返るでしょうし、そうすると安心院さんも生き返ることになるんでしょうね。


よろしければこちらもどうぞ。
ジャンプ2013-6・7号のめだかボックス感想


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ