27巻の表紙は小野田坂道。

弱虫ペダル 27 (少年チャンピオン・コミックス)


青八木「こっちからコース見えるぞ」の後、きちんとスタッフに関係者証を見せる寒咲妹がいい笑顔してます。
ここからゴールまで500m。ゴールまで100ページ以上かかってますね。


そして巻島先輩。
オレ発射したつもりだったんすけど!?巻島さん!!
しょうがないショ!!脚もたなかったんだからァ
答えが理由になってませんけど。なんかしゃあないなという気になります。


真波。ここまではただの爽やか野郎でしたが。
真波おまえに
来年その地位をうばいかえそうという強い意志はあるか!!
 
はい!!
ここでちょっと好きになりました。
やっぱり簡単には勝てない方が魅力的に思います。

巻島先輩は、部を引退して家の仕事を手伝うんですかねえ。
で、手嶋、青八木が「強くなんなきゃならねェんだ!!」になるんですかね。
クライマーが坂道だけになるからとか?

坂道はニューマシンになりましたが、「今までのクロモリに比べて重量は半分だ」「劇的に速くなるって寒咲さんに言われたんだ!!」って、これまでそんなんでよくインターハイ優勝できたなって感じですね。



よろしければこちらもどうぞ。
弱虫ペダル26巻「笑うた時の方が速いで」


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ