『あの教室で「手のひら孵し」と「実力勝負」を受け取ったとき』
『実を言えば僕は同じく受け取っていたんだよ』
『安心院さんからきみへの伝言をね』
まあ伝えたタイミングはそこしかないでしょうけど。
さすがに後付けすぎるような。

なんで今まで伝えてなかったんだよって話ですよね。

あの男 最後の最後で私を追い抜きおった。
ネームプレートで作った寄せ書きが、めだかちゃんの意表をついたということですかね。
でも百輪走は安心院さんのアイデアだとか言ってなかったっけ。

そして、球磨川との決着は描かず。
安心院さんのメッセージも球磨川のメッセージも読者には見せずに終わり?

で、最終回だと思ったらまだ次号続くの?


よろしければこちらもどうぞ。
ジャンプ2013-19号のめだかボックス感想


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ