5巻は、秀吉の中国大返し。
「山崎の合戦編」開帳。

センゴク一統記(5) (ヤングマガジンコミックス)


秀吉は信長の唐入りをやめさせたいと考えていますが、後に秀吉が唐入りしようとするのはどういうことなんでしょうね。
秀吉は信長を越えたいと思っていて、信長を超える象徴として唐入りを目指すということなんでしょうか。

秀吉が官兵衛を恐れるようになったきっかけと言われるイベントは描かれていませんでしたね。

本能寺の変で織田信長が死去した際、孝高は取り乱す秀吉に対して「御運が開かれる機会が参りましたな」と言った。これにより秀吉は落ち着きを取り戻したが、以後孝高の智謀を恐れるようになったという。

そして羽柴軍団の状況ですが。
毛利が体制をを立て直すまで和睦は持って数年‥‥いや一年

その一年の間に明智に勝つ算段と

否 制すべきは明智のみならず
柴田も丹羽も滝川も日ノ本にまたがる織田家諸将全て制し一統せねばならぬ
それ以外に生き残る道はござらぬ

羽柴軍団だけで毛利に勝つのは難しいわけで。
一年後に毛利と再戦するとすれば、他の勢力を自分の勢力に加えるか、少なくとも同盟するかそういう話になりますね。

徳川は「織田家の内紛が続く」と見ると。
まあ普通ならそう思いますよね。
しかし甲州は織田領では‥‥

放っておかば北条にかっさらわれる
織田家中は是より内紛となる
織田家に代わり我らが甲州を守護するのだ

光秀の天下取りに向けての気持ちは。
眠っては‥‥ならぬ
狂気が醒めては‥‥ならぬ
日ノ本全てに伝播するまでは我一人狂気のままあらねばならぬ
大丈夫だ 織田信長もそうだった

秀吉の天下取りに向けての気持ちは。
心配すな
こんな時こそ織田信長は元気じゃった


秀吉の光秀に対する気持ちは。
見ずともわかる
明智がやったんだな
やっちまったか 明智

あの頃のワシらぁ‥‥
上様のために死ねたはず‥‥いや
今とていつでも死ねるはずじゃ
――が同時に
わかるんじゃ‥‥
しでかしたお前ぇの気持ちも
嫉妬する――戦国大名明智光秀に
織田信長なる存在を乗り越えた梟雄に

光秀の秀吉に対する気持ちは。
――成程
――貴殿もか
心の奥底ではそれを待ち望んでいたということか
織田信長なる存在を乗り越えることを

次の巻は山崎の合戦かな。


よろしければこちらもどうぞ。
センゴク一統記4巻「是にて下克上すべて堪能せり」





人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ