つまり巨人の正体は人間であると
ハンジが確証はないと言ってますが、多分全ての巨人がそうなんでしょうね。

巨人のうなじには人の大きさのままの「脳から脊髄」が入ってると。
この巻にはエレンが巨人と融合しかかった描写がありましたが、完全に融合してしまうとそうなるんでしょう。

この話をしてるときのエルヴィン隊長ですが。
お前…何を…笑ってやがる
てめぇが調査兵団やってる本当の理由はそれか?
これも伏線ですかね。

エレンの巨人化の耐久テストですが、長時間とか途中の休憩が少ないと融合しやすいということですかね。巨人の大きさが段々と小さくなっていますが、小さい巨人ほど融合が進んでるとか?


「中央第一憲兵団がウォール教のニック司祭を殺した」ということは、憲兵団とウォール教はつながってないということですね。
憲兵団が一枚岩とは描かれてないので、中央第一憲兵団以外の憲兵団がウォール教とつながってる可能性は残ってますけど。「ライナー達のような外から来た敵の仲間」がどっちとつながってるかはわかりませんが。

ヒストリアの過去ですが。
なぜウォール・マリアが陥落したらロッド・レイスが不安になってヒストリアを連れだそうとするのか。
なぜロッド卿に子供がいることが他の人に漏れるとまずいのか。

レイス家は「壁の作り方」すなわち「硬質化」の秘密を知っているらしく、ということはウォール教とつながりがあると。
憲兵団は王の命令で動いてるみたいなので、王と憲兵団、対、ウォール教とレイス家、という対立構造があって、大猿、ライナー達がどっちとつながってるか、もしくは第三勢力なのか。エレンの父親はどの組織とつながってるのか。
という感じでしょうか。

エルヴィン達調査兵団が王政を打倒しようとするなら、ウォール教やレイス家と手を組むことになるのか、三つ巴、四つ巴で争うことになるのか。各組織の目的がまだ明らかになってないからどうなるのか予想しにくいですね。

ヒストリアの夢の中に出てきた「おねぇちゃん」は、エレンが巨人化の耐久テストの後に一瞬だけ思い出した女性と同じですね。

ヒストリアに似てるらしいですし、目がヒストリアとその父親のロッド・レイスと同じに描いてあるので、親戚なんですかね。
とすると、エレンもレイス家と何らかの関係がある?
今日も私のことは忘れてね
また会う日まで
ということは、忘れさせることと思い出させることができるということですが。
エレンも同じようにまた会う日まで忘れさせられてるのかな。
巨人化できるようになったときのことを忘れていて思い出せないというのも関係があるんでしょうか。

まだまだ伏線が増える一方でなかなか回収されませんねえ。。。


よろしければこちらもどうぞ。
進撃の巨人12巻「誰か僕らを見つけてくれ…」





人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ