iPhone 6/6 Plus はだいたい事前の予想通りでしたね。
まあいいんだけど、という感じ。

タブレットを並用している人だと、画面サイズは別に大きくならなくてもいいという人が多いんじゃないかな。
むしろ大きくなったメリットはバッテリの持ちがよくなってることかも。
それでも予約はすごいんですよね。


今回は iPhone本体よりも iOS 8 の方が気になるかな。
9/17から配信されるそうですが、以下の二つが気になります。
  • コンテンツを家族でシェアできる「ファミリー共有」
  • サードパーティ製IME

機種変更する前の古いiPhoneをWifi専用にして子供に持たせてるので、ファミリー共有ができるとかなりうれしい。
ATOKが使えるようになれば、iPhoneでのメモがはかどるようになりますね。

もう一つ気になるのがApple Watch。
発表されてるアプリはヘルスモニターくらいでそれほど魅力はないけれど。

それぞれ単体で見てるとそんなに大したことないと思うんですよね。
今回のiPhoneの強化も既にandroidでは実現されてることが多いし。
Watchも微妙だし。

Appleは組み合わせて強いんですよね。

iPodはちょっといいMP3プレイヤーだった。
競合と差異化できたのは、iTunesと組み合わせたから。
iPhoneは最初はキーボードレスで使えて常時接続の小さなPCだった。
これもiTunesと組み合わせることで、Google Playが出てくるまで一人勝ちだった。

MacのOSをiOSに近づけて、タブレットもiOSにすることで、PCではなくタブレットやスマートフォンを主戦場にした。PCは必要ないという人が増えた。

主戦場は競合が増えてきた、新しい市場を開拓しよう、強みのあるiPhoneと組み合わせる商品にしよう。Watchはこのための製品ですよね。

スマホだけだと小さい。だからPCが必要。
スマホとタブレットがあればPCは不要。
次に目指すのは「Watchとスマホがあれば、タブレットもPCも不要」じゃないかな。

iPhoneの機能を切り出してWatchで。WatchでできないことはiPhoneで。そのためのiPhoneの大型化。

この領域ではGoogleより一歩先を行っていて、Amazonより二歩先を行ってる感じがします。

昔はソニーもうまく組み合わせてるよなという感じでしたが、今のソニーは何か無理矢理つなげてる感があるんですよね。。。


よろしければこちらもどうぞ。
もうすぐ新型iPhoneが発表されるようですが


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ