本を読んでて、ここは重要だなと思ったら付箋紙を貼ったり、ボールペンなどで線を引いたり、ページを折り曲げたりしますよね。
個人的には、あんまり本に書き込みしたり折り曲げたりすることは好きではないので、フセンを貼ることが多いです。

本を持ち歩いてスキマ時間に読むことが多いのですが、読んだときに付箋を貼ろうと思えば当然ですが付箋紙も持ち歩く必要があります。

スキマ時間は、たとえば電車の待ち時間や電車に乗っての移動時間、行列の待ち時間、飲食店で注文してからの待ち時間などが多いです。

すぐに取り出せるように付箋をポケットに入れておくと、付箋の束がよく二つに分かれてしまって、糊のついてるところがホコリだらけになってたりします。それを持ち歩いてるとまた二つに分かれてしまったり。
 
気にしないという手もありますが、何かいい付箋紙の入れ物がないかなあと探してたところ。
無印良品でちょうどいいのを見つけました。ヘアピンケース、105円。
23













大きさはこんな感じ。比較のため、iPhoneのACアダプタを置いてあります。
48













付箋紙はあまり高さがあると入りませんが、その場合は二つに分けてもいいと思います。
ちょうど二束入る大きさです。
42













フタを閉めたところ。
17













これならポケットに入れてもかさばらず、ちょうどいい感じです。




人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ